芝生の上でおもいっきりラグビーしませんか

ごあいさつ

当スクールは大阪で2番目となる1971年に創立され、以降40年に渡って数多くのOB・OG達を育ててまいりました。

そういった長い歴史の中で、最近は卒業生達が自分の子供達を連れて参加してきてくれる様になっており、中には親子三代に渡って当スクールに所属してもらっている方も居ます。

現在スクールには約100名のスクール生と30名ほどのボランティアコーチが在籍し、毎週日曜には万博少年球技場をホームグラウンドとして練習に汗を流すと共に、スクール大会を初めとした各種対外試合でその成果を発揮しています。

当スクールでは昨今益々人間関係が希薄になる中で、子供達はラグビーを通じ一緒にプレーする仲間や試合相手への敬意だけに留まらず、保護者やコーチ等周囲への感謝の気持ちを持ってもらう事を願って日々の運営を行っています。

お子様に何かスポーツをさせたいとお考えであれば、是非一度当スクールにお越しいただけると幸いです。

茨木ラグビースクール

6代目 校 長   橋本忠幸

ごあいさつ

茨木ラグビースクールは、昭和51年に茨木高校ラグビー部のOB有志を中心に茨木市に創立され、30年の歴史を刻んできました。
この間、500名を超える卒業生を送り出し、卒業生は立派な社会人として活躍し、また、社会人、大学、高校で現役ラガーマンとして活躍しています。
現在、幼年から中学生までの約100人が毎週日曜日、万博少年球技場に集い、練習や交流試合を行いながら、ラグビー技術と体力の向上に励んでいます。
30名を超える指導員は、日頃、会社員や教員、公務員或いは研究者や技術者、経営者として仕事をしながら、これまで培ったラグビー経験を活かして、ボランティアで毎週熱心に指導しています。
少子高齢化、学歴偏重など課題の多い社会にあって、ラグビーが子供達の心と身体のバランスの良い発達を促し、たくさんの友達や大人との交流を通じてラグビースピリットが理解され、ラグビー競技の普及拡大や青少年の健全育成に繋がることを願っています。

茨木ラグビースクール

5 代目 校 長  渋谷冨士夫

ibaraki-rs-illustration2
ibaraki-rs-illustration3

茨木ラグビースクールについて

スクールの目的

茨木ラグビースクールは、社会教育の一環として、ラグビーフットボールにおける「練習」「ゲーム」「夏季合宿」等を通じ、強健な体力・気力の錬成をはじめ、スクール生にラグビーの楽しさをおぼえてもらうことを目的としています。

対象

幼児(3歳)から中学生3年生までの男女