芝生の上でおもいっきりラグビーしませんか

ごあいさつ

茨木ラグビースクールは、昭和51年に茨木高校ラグビー部のOB有志を中心に茨木市に創立され、30年の歴史を刻んできました。
この間、500名を超える卒業生を送り出し、卒業生は立派な社会人として活躍し、また、社会人、大学、高校で現役ラガーマンとして活躍しています。
現在、幼年から中学生までの約100人が毎週日曜日、万博少年球技場に集い、練習や交流試合を行いながら、ラグビー技術と体力の向上に励んでいます。
30名を超える指導員は、日頃、会社員や教員、公務員或いは研究者や技術者、経営者として仕事をしながら、これまで培ったラグビー経験を活かして、ボランティアで毎週熱心に指導しています。
少子高齢化、学歴偏重など課題の多い社会にあって、ラグビーが子供達の心と身体のバランスの良い発達を促し、たくさんの友達や大人との交流を通じてラグビースピリットが理解され、ラグビー競技の普及拡大や青少年の健全育成に繋がることを願っています。

茨木ラグビースクール

校 長  渋谷冨士夫

ibaraki-rs-illustration2
ibaraki-rugby-school-photo_mini
ibaraki-rs-illustration3

茨木ラグビースクールについて

スクールの目的

茨木ラグビースクールは、社会教育の一環として、ラグビーフットボールにおける「練習」「ゲーム」「夏季合宿」等を通じ、強健な体力・気力の錬成をはじめ、スクール生にラグビーの楽しさをおぼえてもらうことを目的としています。

対象

幼児(3歳)から中学生3年生までの男女